プレシジョンの効果って?他の脱毛器とは違うワケ

トリア・パーソナルレーザー脱毛器プレシジョンの効果って他の脱毛器の効果と何が違うのでしょうか。価格的には安くてお手軽に試せるけどせっかく買ってもトリア プレシジョンに効果があまりなければ意味がありませんよね。またトリア プレシジョンをVIOへの使用目的で検討している方も増えています。

 

そこで使用経験者のわたしがこれらの効果について口コミも混ぜながらご説明していきたいと思います。

 

トリア プレシジョンの効果のここが凄い

トリア・パーソナルレーザー脱毛器プレシジョンは他メーカーの脱毛器と比べると、なんといっても効果の即効性があります。早くて2回のケアで70%の人がムダ毛が少なくなったと感じているからです。実際に私もその一人で2回目のお手入れが終わってからあれ?もう?と効果を感じてウキウキしたのを覚えています。

 

即効性があるといっても3ヶ月ほどのお手入れが必要で、そのころにはツルツルを目指してハッキリとした効果を実感しはじめした。

 

>>トリア プレシジョンの効果や使用者の声が満載!公式サイト

 

効果の威力はトリアだけのレーザーにあり

脱毛器にはレーザーと光(フラッシュ)タイプがあるのをご存知でしたか?すでにご存知の方もいるかとは思いますがここでちょっと分かりやすく説明しておきますね。

 

光というのは別表現でフラッシュ脱毛、IPL脱毛などとも呼ばれており、エステやサロンでなどで使用されています。光脱毛というのは営利目的で使用する場合、開業届さえだせば誰でも操作可能です。光の出力が比較的弱く、1度に広範囲に働きかけてしまい、毛根まで光が届きにくく毛が残りやすいです。

 

多くの家庭用脱毛器はこの光(フラッシュ)に該当します。

 

トリアはダイオードレーザーという皮膚科やクリニックなどで使用されているレーザーを使用しているので効果に威力があるのは明らかなのです。レーザーは医療行為で使用される出力の強いものでピンポイントで威力を集中させながら毛根なでしっかり届きます。

 

つまり医療行為と同等のレーザー効果が家庭でも味わえるのです。

 

なぜその医療行為が家庭でできるの?

そこで疑問がわきます。トリアのレーザーは医療行為による医療従事者のみが使えるものならば、なぜ家庭で一般人が使用できるのでしょう。

 

それはレーザーの使用が営利目的でない場合、個人が自分自身に使用する場合はOKだからです。エステやクリニックが医療従事者以外のスタッフを通してレーザーを使用してはいけませんが。家庭で個人が自分に使う場合には問題がありません。

 

そのレーザー仕様ができるのは日本国内ではトリアだけだというのですからそれは当然、トリア脱毛が人気となったわけなのです。

 

トリア プレシジョンのVIO使用の口コミ

トリア・パーソナル脱毛器プレシジョンをVIOに使いたい人が年々増えているようです。

 

実際にブログなどでVIO使用の体験談をつづっている人たちを見かけますよね。ならば大丈夫なのでしょうか?答えはグレーゾーン。つまり、公式では使っていいと認められていない箇所があるから。それはI・Oラインです。

 

V(ビキニライン)への使用は私もやっています。いいですよ。最初は慣れるまでチクっとした感覚に敏感になってしまうかもしれませんが、保冷剤などを使用して脱毛部位の感覚を鈍らせることで脱毛の刺激がかなり軽くなります。

 

保冷剤や氷を当てるのと当てないのではまったく感覚やすすみ具合が違います。保冷剤や氷は必須アイテムです。私の場合はVラインに関しては3回目の脱毛くらいから薄くなったり生えなくなった毛もちょこちょこあります。半永久ですね。しばらく生えてきません。

 

I・Oラインについてはどうしても使用したい場合にはトラブルがあった場合にメーカーへ何も文句を言えません。100%自業自得の領域です。皮膚の色が濃い部分はレーザーが皮膚にまで反応してしまい火傷の恐れがあります。また神経の沢山集まるとても繊細な部分でありさらに粘膜肌なので痛みへの感覚は強いものとなることが予想されます。

 

ときどきI・Oの使用が大丈夫だった人やI・Oの肌色が白く、レーザーが肌に反応しないという人もいるのも事実なので、どうしても挑戦したいという方がもしいれば、それは自己責任ということになります。トリアにはクレームは言えないのでお気をつけください。

 

ではではトリアのプレシジョン効果を楽しんでくださいね。

 

>>トリア プレシジョンの効果や使用者の声が満載!公式サイト